リサイクルトナーとwhat's?

リサイクルトナーとwhat's?





★製造工程


★リサイクルとは?

★トラブル対処法!

★Q&A

★使用済みリサイクルトナーの贈与

★お問い合わせ




リサイクルトナーは、単純にトナー粉をカートリッジの詰めているだけ、と思っている方も結構多いと思います。

トナーカートリッジは右図の様にたくさんの部材から出来ています。トナーカートリッジはたくさんの部材から出来ています。
その多くは消耗部材です。
劣化した部材により印字不良等の不具合が発生しますので、劣化状態により交換します。カートリッジには、再生した履歴シールが貼付され、再生回数の管理が行われていたりバーコードシールによる固有の管理番号で、コンピュータ上で管理しているケースもあります。
カートリッジにより異なりますが、1〜5回を再生可能な回数としている工場が多いとおもいます。
筐体の強度や耐久性も考慮にいれています。

 

● リサイクルトナーの再生手順です。
回収されたカートリッジは、再生可能なものと、廃棄処理するものとに選別されます。

@カートリッジを分解清掃します。
A消耗部品(ドラム、マグローラー、帯電ローラー他)を全て交換します。
@トナーを充填します。
@品質検査、印字テストを繰り返し、品質のよいものだけが商品として発送されます。

 



リサイクルトナーは、使用済みの空になったトナーカートリッジをリサイクルし、また使用できるようにした商品です。
通常は、トナーがなくなると新品のトナーカートリッジを注文し、使用済みカートリッジを廃棄しますが、リサイクルトナーはこの資源であるカートリッジを再利用します。
また、リサイクルトナーは、次のような製造工程でつくられます。
ただし、この工程は、再生工場によって異なります。つまり、リサイクルトナー工場によって、品質が違うということです。

@リサイクルトナー製造工程   【 分 解 】

回収されたトナーカートリッジを分解し、部材の劣化状況を確認します。劣化した部材は良品部材と交換します。

Aリサイクルトナー製造工程   【 清 掃 】

第2ステップは、カートリッジのクリーニングです。各部清掃と廃トナーBOXの廃トナーを除去します。

Bリサイクルトナー製造工程   【 トナー充填 】

そして、新しいトナーを充填します。トナーカートリッジによって充填するトナー粉は異なり、よりベターな品質のリサイクルトナーをご提供します。

Cリサイクルトナー製造工程    【 組 立 】

組立作業を行います。良品部材を組込み一つ、一つ丁寧につくります。この様にしてリサイクルトナーが出来あがります。

Dリサイクルトナー製造工程   【 印字テスト 】

最終段階です。印字テストを行いOKの場合は、梱包し、出荷となります。テスト印字サンプルはここで印字されたものが、トナーに添付されています。

Valuable information

膝痛に効くサプリメントランキング
http://chaska-chamber.org/
東京の結婚相談所はこちら
http://www.kekkonso-dan.jp/
異業種交流パーティー情報
http://www.international-heart-line.com/course2.html
豆柴
http://mame-shiba.ptu.jp/
携帯買取
http://haixiatongxin.sakura.ne.jp/

2014/12/4 更新



Copyright2008 リサイクルトナーとwhat's?All rights reserved.